JavaScript 変数1

2014-08-29
いっす!この記事は1年以上前に投稿されたもので、情報が古いかもしれません。ご注意ください!

変数は複数使用する事ができる。
1つ1つの変数を区切るために変数名をつける。

変数名を付けるときの規則

  • 使用できる文字はUnicode文字、アンダーバー(_)、$記号。半角英数字。
  • 先頭文字に数字は使用できない。
  • 大文字小文字は区別される。一般的な命令規則では最初の文字は小文字。
  • 予約語は使用できない。

変数の宣言

var yuri;
 var

変数の宣言。
varがなくても動くが必ず宣言するようにする。

変数名は自由に付けられる。半角英数字。命令文に出てくるような文字は使用できない。(alertとかdocumentなど)

変数名の最初は英文字。2文字目以降は数字、アンダーバー「_」を使用可能。

大文字小文字は区別される。一般的な命令規則では最初の文字は小文字。

変数の初期化

 var 変数名 = 初期値

宣言の際にすぐその辺数に対して初期値を代入する事。
「=」は代入演算子。
「=」の右側に記述された値を左側に記述された変数に代入する。

var yuri = 10;

変数yuriを宣言すると同時に、変数yuriに10を代入。

文字の場合

var moji = "こんにちは!";

複数の変数をまとめて初期化もできる。間を「,」で区切る。

var yuri = 1, moji = "こんにちは!";

変数の活用

HTMLのbody内

<script>
var yuri1 = 10;
var yuri2 = 5;

alert( yuri1 + yuri2 );
alert( yuri1 - yuri2 );
alert( yuri1 * yuri2 );
alert( yuri1 / yuri2 );
</script>

 サンプル

10と5が入った変数が順番に計算されてアラート表示される。

文字を含む計算式

var aisatsu = "こんにちは!";
var namae = "花子です。";

document.write( aisatsu + namae );

 サンプル

変数の中身が文字列の場合、+を用いてつなげる事ができる。数字のように「-」や「/」などは使用できない。

文字列と数字が入った変数を+でつなげる。

var feb = 2;
var moji = "月は英語でFebruaryです!";

document.write( feb + moji );

サンプル 

文字と数字が+で結ばれた場合、数字は文字として扱われる。上記の変数febは文字となってつながる。多くのプログラムでは数字と文字をつなげるとエラーになるが、JavaScriptは対処する。

hanakodesu

Load More... Follow on Instagram